テクスチャー05

 

過払い金とは、お金を借りた債務者が金融機関に対して金銭を返済しすぎる事を言います。
この過払いしたお金は基本的に返還してもらえるようになっていますので、専門の法律家に過払いの返還請求を依頼したほうが賢明だと言えます。

 

 

なぜ過払いは返還可能なのかと言うと、基本的に債務者に全く非がないからです。
過払いが発生する要因と言うのは、金融機関による過失または故意の場合が圧倒的に多いのです。
なぜかと言うと、債務者は契約に則った返済をしているだけだからです。
借りたお金と言うのは、金融機関と債務者との間で締結した契約書に書かれている内容の通りに実行されなくてはいけません。
ですので、本来ならばここに書かれている月々の返済額を支払っていれば絶対に過払いなどというものは発生しないのです。

 

 

それにも関わらずこのようなことになってしまうのは、金融機関が意図的に法定外の利息を設定していたからに他なりません。
支払わなくても良い利息を設定している影響で債務者が苦しむ結果になっていますので、債務者に非があるなどということはないわけです。

 

実際、この問題に関する原因はほとんどの場合で金融機関にあると裁判などでもわかっています。
ですので、返還請求をすることが賢明だと言えます。