実際に、お金の返還を受けるまでの期間は、請求をする金融業者によって異なりますが、対応の早いところの場合で1ヶ月から2ヶ月前後の時間を要すると言われています。

 

お金の返還に関する請求訴訟になった場合、裁判所に提訴するために必要となる書類を作り裁判所に持っていくことになります。

 

この場合は、書類作成に時間がかかってしまうことも考えられます。

提出後に、裁判の日付が決定し、口頭弁論のために出廷を求められます。

 

裁判所へ出向く場合は、平日だけになりますので、会社や仕事を休むための段取りに時間を使ってしまうこともあります。

弁護士に依頼した場合は、まず、受任通知を金融機関に発送することになります。

受任後に即日発送し、早ければ1週間、遅くても3ヶ月後には金融業者から取引服歴が到着します。

 

取引服歴を元に、引き直し計算を行いますが、これには1週間程度の時間を要します。

 

ここで、過払いが発生していた場合は、返還請求書を金融業者に発送します。

 

テクスチャー16個人で請求をする場合は、多くの法律の知識が必要となり、知識の習得には多くの時間と労力を費やしてしまうことになりますので、勉強に自身がない方は、専門家に依頼することをお勧めします。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。