発生する期間とは、利息制限法に基づいていない高い利息で返済を行なっている期間です。
借金には利息がありますが、利息のパーセンテージは法律で決められており、その法律を利息制限法と言います。テクスチャー07

 

 

よく長期間返済を繰り返していれば、払い過ぎたお金があると言われていますが、利息制限法の範囲内の利息で、返済を行なっていれば、払い過ぎはありません。

 

 

ただし、昔の借金には、グレーゾーン金利がありました。
グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の金利の間の金利の事で、簡単に言うと、貸金業者は、安い利息制限法の金利ではなく、高い出資法の金利でお金を貸していたのです。

 

利息制限法の上限金利は、20%、出資法では29.2%です。
この差は小さいものではなく、過去に借金をして返済を行なっていた人の場合、払いすぎていた人が多かったのです。
昔に借金をしていた人ほど、払い過ぎていたお金が多いと言われているのはこの為です。

 

 

具体的な長期間の目安としては5年から8年ほどとなります。
途中で一括返済している場合、5年以下で完済した場合についても長期的に返済を行なっていれば、払い過ぎの可能性大です。

 

 

心当たりのある人は、消費者金融の明細書を集める、または貸金業者との取引履歴を請求して調べ、引き直し計算を行なって、取り戻せるお金があるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。